会員登録はこちら

トップヴィジュアル
Artist
清春

お待たせしました!
The reproduction 7th anniversary TOUR『FALLING』 chapter2
松本・富山公演までは販売終了致しました。

次は、9/15 LYRICISM、9/22 GRAND OPEN LIVE 販売予定です。
販売開始までもうしばらくお待ちください。

【プロフィール】
1994年 黒夢のヴォーカリストとしてメジャーデビュー。
そのカリスマ性とメッセージ色の強い楽曲で人気絶頂の最中、1999年突然無期限の活動休止を発表。
同年、sadsを結成し2000年TBS系ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」の主題歌「忘却の空」が大ヒット。
同曲を収録したアルバム「BABYLON」は50万枚以上のセールスでオリコン1位を記録する。
年間130本もの精力的なライブツアーを行うなかアルバム毎に音楽性を急激に変化させ、黒夢時代のファンのみならず新たな層にもその存在を強烈にアピールした。
2003年 DVDシングル『オーロラ』でソロデビュー。
同時期に立ち上げたアパレルブランド『moon age devilment』は現在も東京、大阪のショップ「GLAM ADDICTION」で展開。
2004年 David Bowie JAPAN TOUR 大阪公演にオープニングアクトとして出演。
清春として現在までに10枚のアルバムリリースとツアーを精力的に行っている。
そして近年はライフワークともなった “MONTHLY PLUGLESS KIYOHARU LIVIN' IN Mt.RAINIER HALLという驚異的な公演数を誇るシリーズライブを継続。
2013年 初の歌詩集 『mardigras』が発売される。
2017年 『エレジー』と銘打った66公演はアコースティック編成という概念を大胆に覆す、ダーク且つシアトリカルなパフォーマンスで観客を魅了。
同年、アルバム二作連続リリースとして、12月に一作目となるリズムレス・アルバム『エレジー』 2018年3月には二作目となるニューアルバム「夜、カルメンの詩集」を発表。清春としてのメイン活動と並行して2018年には再始動7周年を迎えるsadsのリリースも予定されている。